mnr3’s blog

ミニマリスト挫折しました。とはいえ、いえしごと(節約、片付け、インテリア)を楽しみたいです

おかずの作りおきが本当にいいかどうか

先日おかずの作りおきを始めました。

1回目は成功。

うまうまとおいしくいただきました。

2回目半分失敗しました。

それは、子供を寝かしつけにかかって放置してしまったから。

やや悪くなったとは言え食べられたので食べたのですが

その週はお腹がいたみ

恥ずかしながらおならが臭かったので

新鮮なうちに食べられるっていうのはなんていいものなんだろうな、と

しみじみしました。

 

なぜ作りおきをしたいのか

そもそも、なぜそうしたかったのかといえば

子どもが一番わーわー言う時間帯にご飯を少ない手間ですっと出したかったからです。

ケンカの勃発、チャンネル争い、空腹、一日が終わりかけててほどよい疲れ。

人が起きてから何時間かして眠くなるといいますが

夕方はちょうど眠くなり始めるころだといいます。

そして、子どもは自分で感情のコントロールするのは難しい。

大人でも難しいし、子どもがわーわーしない方が心配すべきなのはわかってても

毎日となるとこちらもしんどい。

そして、1回目にやった時にご飯はすぐに食べられるから、

少し遊んでやるか、と自然と思えたり、

久しぶりに遊んだな、と自分の満足感も高かったので

その日はとても幸せでした。

時間に余裕があるのは、とても素晴しいし、贅沢なことだと思います。

 

TVやゲーム、パソコンの弊害

時間を無意識に使う。

それが少しずつ心を蝕むのはわかっていても

やはりまったくないというのも生きてく上では疑問があります。

なければないで済むけれど、彼らはいつか私たちの元から出て行く。

それを手助けする一環の中に

人と交じるためのツールを与えることは

仕方がないのかなと思います。

必ずしも必要ではないけれど

それを決めるのは私ではなく彼らなのだと

時には思い出しつつ。我が家ではゲームはかなりの制限をしています。

TVは割とほったらかしなのですが。これも見直していきたいポイント。

これもまた、時間が空いて、ママと遊ぼ~というと

彼らには新鮮らしく、さっとTVを消します笑

 そして気づくのは体力のなさ!

子どもたち、なんてパワーで遊んでるんだ!

ということで、新たに追加したい目標、体力をつける。

 

そろそろ、本当にサボリにさぼっている確定申告をやらなきゃと思っています。